文章で稼げるおススメの副業(kindle出版で稼ぐ方法)の電子書籍を出版しました! 11/29(月)から5日間、無料キャンペーン実施中。これを機に無料で読んでkindle出版にチャレンジしてみてはいかがでしょうか

カクヨムの読者選考3回通過の私がPV数を増やすコツ教えます 準備編

小説講座

今回は私がメインで活動していた小説投稿サイト「カクヨム」で、アクセス数を上げてレビューやコメントをたくさんいただき、読者選考を通過する方法について解説します。

なお、この記事は準備編ということで、まず前提としてクリアすべき内容についての解説になります。

こんな人に読んでほしい
  • カクヨムに小説を投稿しても、誰にも読まれない
  • どうすればカクヨムでアクセスを伸ばせるかを知りたい
  • カクヨムで閲覧数や☆、コメントがもらえるようになりたい
  • カクヨムのコンテストで読者選考を通過したい

ちなみにカクヨムの読者選考を通過するための記事は、準備編と実践偏があります。

そして実践編のメインの話は、平たく言うと「交流」、嫌な言い方だと「相互」です。

この言葉を聞いてげんなりした人は、読む価値あるのはせいぜい準備編だけかなと。

予めご了承ください。

なお、「実践編」は以下の記事です。

カクヨム主催のBWコンテスト佳作受賞作品、好評発売中です


kindle  BOOK☆WALKER
スポンサーリンク

カクヨムでの我那覇の成績 初投稿はPV14だった

百聞は一見に如かず、ということで私のPV、フォロワー、☆の数はこんな感じです。

なんか1つだけ、やたらPV少ないものがあるぽよ
夢うさぎ(笑)

(笑)を付けるなー!

14PVは悲しいぽよ

というわけで、私の初投稿の小説は14PVでした。

たしか数か月くらいは公開してたはずなんで、それでも14PVだったと思ってください。

でも次の「むつみと春の取材事件簿」は、いきなり4000PV超えてるぽよ

2作目投稿するとき、PV上げて読者選考を絶対に通過するぞ!

本気出すぞって決めたんです

その結果、

  • 「むつみと春の取材事件簿」カクヨムWEBコン読者選考通過
  • 「医療術師は不完全」BWコンテスト読者選考通過 & 佳作受賞
  • 「水たまりの前でこんにちは」カクヨムWEBコン読者選考通過
    (カクヨムから削除したんで、カクヨムには残ってないですが)

ということで、3回連続で読者選考を通過しました。

ちなみに「医療術師は不完全」ではコンテスト内でのランキング1位になったことも!

ちなみに私は、コンテストの読者選考期間中にしか作品を投稿していません。

読まれるためだけに小説書いてます、なんて思ってないからです。

はっきり言います!
あたしゃ1発当てて大金つかむために小説を書いてるんだ!

金が全てとまでは言いません。

でも小説やら漫画を書き続ける先に、売れっ子になってビッグマネーが手に入る。

そんな未来を想像し続けているから、14年間も創作を続けてられたんです

なので私のカクヨム論は、単純にPVを稼ぐためではなく、読者選考を通過するための方法論だと思ってください。

カクヨムでPV数を上げるために、まず前提としてやるべき基礎

前述のとおり、カクヨムでPVを上げるには「交流」がとても効果的。

とはいうものの最低限、これだけはやるべきっていうものがあります。

まずはPVを上げる活動をする前に、事前準備としてこれから解説していくことを一つ一つクリアしていってください。

そもそも、面白い作品を書いているか

いきなりキツイこというぽよ

ですよね
でも、閲覧数うんぬん以前に、やっぱりこれが大前提ですよ

いざ読まれたとしても面白くなかったら、そりゃ、読者は離脱します。

見ず知らずの人の面白くない作品を読み続ける暇人は、この世にはいません。

まさか「面白いかどうかわからないけど、読者に判断してもらおう」という考えで投稿して、かつ「PVを上げたい」なんて人、いないですよね。

PV上げたいわけじゃなく

「ここに投稿したから読んでほしい」

って感じで第三者に感想をお願いするための場所として、カクヨムなどを利用するというならともかく。

なので、読者に読まれるってことをしっかり意識して、読んでもらえるための努力をする!

文章力を上げたり、ストーリー構成を整えたり、推敲で読みやすい文章に整えたり。
これ絶対必須!

言われれば当然ぽよね

タイトル、キャッチコピー、紹介文もしっかりと!

タイトルについて

カクヨムなどの小説投稿サイトでは、やはりラノベが大人気です

そうなると、やっぱりタイトルはあれぽよか

あれですね

  • 「異世界転生したら〇〇なので、〇〇して〇〇する」
  • 「〇〇だった俺は異世界で〇〇してスローライフを〇〇」
  • 「魔王の俺が〇〇なのに〇〇したから〇〇する」

タイトルが、もはやあらすじになってるくらいに長いやつ

今でもそういうタイトル多いぽよ

でも、お主のタイトルは違うぽよね

私はラノベと文芸の中間くらいのライト文芸というジャンルで書いてますし、ミステリーとか書いてるんで

言い訳ぽよね

半分は言い訳かも

私の場合は、語呂がいいタイトルを参考にしたり、声に出して語感がいいかを確認したりして、タイトルを決めています。

例えば「医療術師は不完全」というタイトルは「岸部露伴は動かない」の語呂を参考にしました。

タイトルを付けるときは、売れてる作品やランキング上位のタイトルを参考にするとよいです。

キャッチコピー

このキャッチコピーも、ランキング上位の作品を参考にして真似てみたりするのがいいですね

でも実は私、以前はこのキャッチコピーをてきとーに付けていました。

ですが今回、最後に投稿した「再会の約束プロジェクト」だけは、キャッチコピーはちゃんと考えて付けたんですね。

ランキング上位の中で、上手いなって思うキャッチコピーを参考にしました。

そして考えたキャッチコピーがこちら。

「殺害予知を乗り越えて、絶対果たそう再会の約束」

  • 語呂の良さ
  • 文章の頭に「殺害予知」と興味を引きそうなキーワードをつける
  • キャッチコピーだけでなんとなく内容は想像できるが、どういうこと?と思わせる謎も匂わせる
  • タイトルに含まれている「再会の約束」をキーワードとして入れることで、タイトルが内容に密接していることを伝える

これらを意識して考えたキャッチコピーです。

紹介文は単なる『あらすじ』ではない

カクヨムではタイトルとキャッチコピーの次に、目に留まるのが『紹介文』ですよね

内容を紹介する文を書くぽよね

適当はいけません
まず、1行目を大事にしてください

紹介文で読者さんが一番目に留まるのが1行目です。

内容を紹介するだけっていう意識で、あらすじをだらだら書くのはよくありません。

まず1行目に、作品の一番のウリを伝えるんですよ。

ウリって何書けばいいぽよ

1行だけで、この作品はこんなストーリーですよってことがわかるような文章を書くわけです

Twitterなどでシェアする場合でも、タイトル、キャッチコピーに続いて紹介文が1行くらい見えているかと。

だから1行目にウリを書いておかないと、どんな話なのかが分からず、興味を惹くことができません。

本屋に並んでいる文庫本の裏表紙に、本の紹介文が書いてますでしょ。

あれの1行目を意識して読んでみてください。

1行目に必ず、その本のウリになる内容が書かれています。

そして2行目以降も、読者の気を引くような面白そうな文章になっているはずです。

裏表紙を参考にすればいいぽよね

1話を適切な長さにしよう

カクヨムは小説を区切って、1話、2話~といった感じで投稿できますよね

初心者にありがちなんですけど、1話に1万文字も詰め込んで投稿しちゃう方がいます

1つの節が終わるまで、区切らないほうがいい気がするぽよ

そう思って長くしちゃう人が多いようですね

ですがネット小説は、本と違ってしおりが挟めません。

なので、1話で1万文字もあると、それを読み切るまでしおりが挟めないのと同じなんですよ。

言われてみればぽよ

ネット小説はスマホで読む人がほとんどです。

通勤などの隙間時間にサラッと読んで、続きはまた後でっていう人も多いでしょう。

それなのに1話が長いと、隙間で読むにはしんどいなってことになって、読者を逃すことにもなっちゃいます。

また、pv数を増やすためにも、1話が短いほうがいいんです。

pvは1話読まれたら1pvなので、話数が多ければそれだけpvが加算されるのですね。

とはいっても、やたら短くして話数を増やすのも、ページリンクのクリックという手間が増えるので、読者のためになるとも思えません。

目安としては、1話につき1500文字~2000文字に区切るとよいです。

改行ごとに1行ずつ空けて行間をとろう

ネット小説は基本的に縦読みですね
縦読みの場合、改行ごとに行間を1行分空けたほうが読みやすいんです

このブログも1行空けてるぽよね

ランキング上位の作品を開いてみてみたらわかるかと思いますが、ほとんどの作品が行間空いてるでしょう。

縦読みは横読みと違ってページめくりではなくスクロールして読みますよね。

なので行間が詰まってると、どこを読んでいたか迷子になりやすいんです。

なので、ネットで小説を投稿するときは、行間を空けるのが基本です。

キャッチコピーの文字の色は濃いオレンジ色

カクヨムに限らず、yotubeでも広告のチラシでも、目立つのはこの彩度の高い色だと言われています。

近所のDVD屋の看板が黄色と赤ぽよ

あー、あの大人のいろいろなものが売ってるお店ですね
丘の上から見ても、やたら目立ちますよねえ

カクヨムはキャッチコピーの色を選べますよね

他より目立たせるために、オレンジを選ぶぽよね

そういうことです

毎日更新と全話一気に投稿、それぞれのメリット

さて、1話を区切って投稿できるカクヨムには、新着で探す機能がありますね

ということは毎日更新すると、そのたびに新着に出現できて、読者に見てもらえる機会が作れるわけです

絶対に少しずつ投稿した方がいいぽよね

それは確かにそうですね
でも、私はコンテスト開始直後の0時になったタイミングで、一気に全話投稿するタイプです

そんなことしたら、新着に出てくるのが1回こっきりぽよ
カリスマ気取って爆死したいのかぽよ

いやいや、全話投稿をする理由がちゃんとあるんです

コンテスト開始時点では、まだ投稿者がさほど多くないですよね。

つまり、ライバルが少ないわけです。

で、最初に数話くらいだけ投稿した場合、序盤で★をもらいづらいんですよ。

ですが、全話投稿しておけば、興味を持ってくれた読者がいた場合、序盤で★がもらえます

現に私は、投稿して約10日の間に10人くらいの人から★をいただきました。

初日で全話読み切ってくれた人もいます。

そうすると、コンテスト内のジャンル別ランキングですぐに上位に食い込むことがでわけですよ。

読者は新着よりもランキング上位のものを探して読む人が圧倒的に多いです。

序盤にランキング上位に入っておくというのは、すごくメリットのあることなんですよ。

まあ、それでも上位に居続けるにはそれなりの努力が必要ですけどね。

ともあれ、毎日投稿して新着に載るのも、悪い手ではありません。

どちらがいいかをコンテスト前に決めておいて、自分にあった投稿をしてください。

まとめ

今回の解説内容
  • カクヨムでの我那覇の成績
  • カクヨムでPV数を上げるために、まず前提としてやるべき基礎
     『そもそも、面白い作品を書いているか』
     『タイトル、キャッチコピー、紹介文もしっかりと!』
     『1話を適切な長さにしよう』
     『改行ごとに1行ずつ空けて行間をとろう』
     『キャッチコピーの文字の色は濃いオレンジ色』
     『毎日更新と全話一気に投稿、それぞれのメリット』

我那覇アキラの初投稿はたった14pvぽよ

ですが、ちゃんと対策することで次の投稿では4,000pvを超え、読者選考を通過しました

でも対策するよりまずは前提があって、それはクリアしておかなきゃだめぽよね

はい、まずはそもそも面白い作品を書いてること

あたりまえのことだけど、すごく難しいことぽよ

こればっかりは、日々精進です!

タイトルとキャッチコピー、それに紹介文もちゃんと考えなきゃダメぽよ

タイトルやキャッチコピーはコンテスト上位者を参考にするとよいですね

紹介文は1行目が大事です!

文庫本の裏表紙に書かれた紹介文を参考にするとよいでしょう。

1話の投稿で長いのはだめぽよ

2000文字前後くらいの長さを目処に、小出しにしていきましょう

行間を空けるのも大事ぽよ

ネットの縦読み形式の場合は、改行ごとに1行空けるのが基本です

キャッチコピーの色はオレンジとかが目立つぽよ

カクヨムに限らず、オレンジや赤、黄色といった彩度の高い色は目立ちます

毎日更新と一気に更新はそれぞれメリットがあるぽよ

毎日更新なら何度も新着として目に留まる可能性が高まります

我那覇はコンテスト初日の0時に全話一気に投稿タイプ。

序盤のランキング上位に載りやすいので、上位をキープできれば高確率で読者選考を通過できるでしょう。

さて、今回はまず準備編をご説明しました。

これらの準備ができたら、いよいよランキング上位を狙う実践編です。

何はともあれ、おつかれさまでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました